Xiaomi(シャオミ)・いつも頭にユーザーを

Xiaomi(シャオミ)・いつも頭にユーザーを

Xiaomi(シャオミ)は中国・北京に本拠地を置くスマートフォンと家電製品を製造している会社です。
2011年に最初のスマートフォンを発表し、3年後の2014年には中国で最大のマーケットシェアを得るまでに成長しました。
 
しかし、その後はコンペティションの激化と共にシェアを失い、2017年は前年より伸びを見せたものの、
現在はファーウェイ、Oppo、Vivoに続く第4位に甘んじています。
 
シャオミの躍進の理由は明白。とにかくアップル製品をまねること。そしてインターネットで販売することで低価格を実現したのです。
 
シャオミの大成功の後、ライバルメーカーもこぞってインターネット経由での商品流通に力を入れ始めましたが、
実店舗を多く展開し成功につなげたOppoのような例もあります。
 
スマートフォンの他、タブレットやノートブック、スマートウォッチなども手がけるシャオミ。
最近はスマート家電やドローンなどの分野にも進出しています。

 

スマートフォンメーカーではない?Xiaomiの魅力

 
ALWAYS BELIEVE THAT SOMETHING WONDERFUL IS ABOUT TO HAPPEN
 
これはXiaomiのアイデンティティーです。
 
いつも何かすばらしいことが起きると信じている
 
Xiaomiのロゴには「Mi」という文字が使われていますが、Mはモバイルを、Iはインターネットを表しています。
また、数々の困難を経験したXiaomiにとって「MI」には「Mission Impossible」も表しているのだと言います。
これは創業当初に経験した困難を忘れないという意味が込められているようです。
 
Making Quality Technology Accessible to Everyone
これもXiaomiが掲げる、創業時からの目標です。
2010年創業のXiaomiは「高品質の製品を生み出すために、巨額の投資は必要ない」というLei Junを中心に設立されました。
高品質の製品に誰もがアクセスすることができる。Xiaomiが創業時から追求し続ける社是とも言えるのではないでしょうか。
 
Lei Junは、消費者からのフィードバックを製品、そしてアクセサリーに落とし込んでいくことが最大のカスタマーサービスであると信じています。
Lei JunはKing Softの創立者としても知られる人物で、ベンチャー中心に投資をするエンジェル投資家でもあります。
 
現在、主力製品であるスマートフォンと共に、タブレット、ラップトップ、そしてスマートフォンアクセサリーを生産しています。
2014年現在、東南アジアや南アジアの新興国市場で大きなプレゼンスを誇りますが、遠く南米はブラジルでも成功を収めています。

中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

xiaomi(スマホ・タブレット)

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入